歯医者の中身をのぞいてみよう

>

メンテナンスと通院の大切さ

定期的に行くメンテナンスとは

本当ならばメンテナンスとして、最低でも三か月に一度は歯医者に行った方が良いかもしれません。
メンテナンスとは何をするのかというと、虫歯がないかをまずチェックします。
虫歯は3か月の間にも平気でなることがあるので、早期に発見できて痛みもほとんどないうちに虫歯治療を行うことができます。
患者の負担を考えたら定期的に通うのが良い事は一目瞭然です。
そして、毎日行う歯磨きの仕方をチェックしてもらうのも良いかもしれません。
インプラントや詰め物をしている方は、異常がないのかチェックしてもらうのが良いでしょう。
このように、メンテナンスはほとんどがチェックなので、いつでも歯を丈夫のままキープして生活できるので、定期的に行くことをお勧めします。

根気よく通院を

一番良いのは、自分の行きつけの歯医者を見つけることです。
歯医者のほとんどは公共機関を利用しても行きやすい場所にある事がとても多いのです。
通院を途中でやめてしまう患者のほとんどが、自己判断を治療を中断してしまうのです。
最初の時に比べたら全く痛みがなくなった、お金もかかるし、という理由でやめる方は完全に間違っています。
痛みがなくても、虫歯は存在しています。
せっかく痛い思いをして治療したのに、少しでも虫歯が残っていると、そこからまた虫歯を作ってしまうこともあります。
お医者さんが、もう大丈夫でしょうというまでは、根気よく通った方が、問題なく通院も終えられて、生活できるでしょう。
自己判断は絶対にしない方が良いでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる