歯医者の中身をのぞいてみよう

>

虫歯の治療が医療の進歩で変わっている

歯の治療の痛みが苦手なら定期的な通院を

歯の治療と聞けば、とにかく痛い、怖いといった印象の方は多いと思います。
すごい音のドリルで穴をあけ、虫歯を削っていく、話を聞くだけでも痛い事が伝わってくるものです。
そんな虫歯治療が最近医療の進化と共に変わりつつあるのです。
簡単に説明すると、歯にレーザーを直接あてることによって、虫歯の部分を焼きとるといった治療です。
なんだか焼きとるなんて痛いのであないかと思うかもしれませんが、痛みはほとんどなく、患者の負担はかなり軽減されます。
ただし、ひどくなってからでは、手に負えない場合がありますので、歯医者へは定期的に行くべきでしょう。
痛い思いをしないためにも、早めの治療が一番という事です。
この治療はもちろん保険対象なので安心してください。

部分的に歯を抜いてしまった場合

虫歯の規模が大きくて、歯を抜かないといけなくなってしまった時に、昔からあるのは差し歯ですよね。
しかし差し歯はデメリットがありすぎます。
例えば、まるで漫画の世界のように話している最中に差し歯が抜け、勢いあまって口から出てしまい、歯が無くなってしまうといった事件が起きたりします。
そんなことがないように最近ではブリッジという治療法を行う歯医者が増えてきました。
場合によってはできない場所ももちろんありますが、虫歯で抜いてしまった場所の両側の歯を借りて、抜けた部分の歯を橋掛けのように埋めるといった治療です。
保険対象なので安心して治療できますし、ブリッジの治療に関しては全く痛みはないと思っても良いでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる