歯医者の中身をのぞいてみよう

>

歯の治療はとても大切です

歯の治療は相談から

保険がきく治療とはどのようなものかというと、生活をしていくうえで、健康で生活していくために最低限必要な治療というのが一番わかりやすい説明かもしれません。
歯医者では割と多く保険がきかない治療が存在します。
日本では歯の治療にかかわる診療科が大きく分けて三つあり、歯科、小児歯科、口腔外科に分かれています。
この中で特に歯科が保険対象外の治療を多くやっています。
心配な方は治療の前に相談するべきでしょう。
小児歯科は患者のほとんどが乳歯なので治療は必要不可欠だからです。
口腔外科は歯の治療ももちろん関係していますが、主に骨格の治療、顎関節症などが患者として多いです。
歯科では保険対象外の治療は想像以上に高額で長い治療が必要なので考えて治療に臨みましょう。

歯の治療で最も高額な治療

歯の治療で一番高額なのは、インプラント治療です。
これは永久歯ともいわれていて、入れ歯とは違い人工的に歯を作り、歯茎に直接埋め込むといった治療方法で、名前の通り永久的に歯がある生活が送れます。
芸能人でも多くの人が行っている治療で、昔のコマーシャルでもあったように芸能人は歯が命といった事かもしれません。
なんと、歯一本に対して約30万円といった驚くべき治療料金です。
なぜこんなに高額なのかというと、高額とはいえ人気という事ももちろんありますが、治療はとても長期で、外科的なレベルの治療が必要だからです。
歯科医が誰でもできる治療ではないため、歯医者を選ぶ際は確認をしてください。
デメリットとしては人工的な歯に見えてしまう程、白くなるので、高額だからと部分的に行うとかえって目立ってしまいます。


この記事をシェアする

トップへもどる